定山渓第一寶亭留 翠山亭

header_telnum
second-img

お料理

DINING

ホーム > お料理

定山渓第一寶亭留 翠山亭でお仕度するお料理の食材は道産ものが中心です。海の幸は全道の漁港から選りすぐりの旬素材を直送、農畜産物は地元や近郊から取り寄せております。 また、手作りにこだわり「人の手の温もりが感じられる美味しさ」を大切にしております。

※料理写真はイメージです。献立内容は季節等により替わります。

松庵

お二人水入らずで、気の合うお仲間やご家族と、気兼ねなくお食事ができる半個室の食事処でございます。その時季最もおいしい食材を厳選し、その日ごとに献立を組み立てるため、コースの種類はたった一つ「夏目総料理長の翠山御膳」のみ。

桑乃木

テーブル席や掘りごたつ、お座敷など様々なお席をご用意しているレストランタイプのお食事処。旬の味覚を盛り込んだ創作和食のコース仕立てをご用意いたします。

ランチの営業も行なっております。

【重要】2020年11月1日より当面の間、営業を中止いたします。

桑乃木 名物「十割そば」

つなぎを使わない、そば粉100%の純粋なそばでございます。茹で時間はたったの10秒で、そばの栄養を逃しません。混じりけのないそば粉本来の香りと食感を味わってください。

日帰り入浴付きプランはこちらから >

17歳から料理の道へ。北見や釧路、函館など道内各地で修行を積み、1984年に第一寶亭留入社。2002年より現職。 「『美味しかったからまた来るよ』『いつもありがとう』お客様からいただく笑顔と言葉が何より嬉しく、調理人冥利に尽きます。年に何度もお顔を見せてくれるお客様も多くいらっしゃいますので、四季折々の食材選びには、やはり気を抜けません。道内各地の生産地を直接訪ね、この目で確認し、納得のいくものだけを仕入れます。また、食材本来の美味しさを逃さないよう、これまで培った勘や経験で、火入れはぎりぎりのタイミングを見計い、口に入れた時の舌触りから後味の余韻までが料理と心得ています。どうぞ、滋味豊かな旬味を心ゆくまでご堪能ください」
長崎県出身。京都を始めとする近畿地方や四国にて料理の世界を学び、1992年北海道へ。2002年に第一寶亭留入社。2002年9月より現職。 「四季がはっきりしている北海道は、素晴らしい食材の宝庫でもあります。素材の持ち味を最大限に生かすよう、決して手を加え過ぎないことも大切にしています。道内各地から届く海の幸、山の幸をたっぷりとご賞味ください。2015年より敷地内に自家菜園を作り、収穫したてのトマトやズッキーニ、二十日大根などをお料理に取り入れています。」
特別な日には、お膳にもう一品、北海道の美味はいかがでしょう。旬の味覚を使用し、その時期だけの限定でお作りしますので、晴れの日の席を華やかに彩ります。お料理内容やご予算など、お気軽にお問い合わせください。